2016.06.27 Monday

オーガニックカフェ「Dio」さん

0

    今日は、今年の4月に小倉北区馬借にオープンしたオーガニックカフェ「Dio(ディオ)」さんを紹介します!

     

     

    場所は、小倉北区馬借1-16-15

    市立医療センターの裏側あたりで、おしゃれなお店が並ぶ通りの中で、いい感じの雰囲気でさらに目を惹きます。

     

     

    ドリンクメニューは、コールドプレスジュースに、コナコーヒー、オーガニックコーラなど。

    フードは、主にバケットサンド(生ハム・鯖・テリヤキチキン)やタコスなど。

    いづれも季節によって、これからバリエーションの変更はあるでしょう。

     

     

    奥には、ゆったりソファ席、手前はカウンターで。スマホの充電もできますね。

     

     

    今日は、オレンジのコールドプレスジュースをいただきました。

    この前いただいたタイのアイスティーもおいしかったなぁ〜。

     

     

    最後にオーガニックコーラを手にオーナーの松浦宏一さんとスタッフさん。

     

    オーナーは・・・家内の従兄弟です。

    そして、長圓寺にとりましては檀信徒様です。。。

     

    彼は、レゲエミュージシャンでもありDJでもあります。

     

    その辺のところは、小倉経済新聞さんに紹介されていたので、

    http://kokura.keizai.biz/headline/1336/

    詳しくはそちらをご覧くださいませ。

     

    最近、中央では「坊主バー」が流行ってるそうですね。

    無料スタッフとして出勤させてもらえないかな〜

    ただの人見知りのおじさんになるだけだけど。。。

     

    今後ともお客として利用させて頂きます。

     

    2016.02.29 Monday

    法事にてはじめての経験

    0
      2月最後の日。

      昨日の4月並みの気温とは打って変わって、現在北九州市では、ちらほらと雪が舞っています。



      さて私は先日、檀家様の50回忌のご法事で初めての体験をさせていただきました。

      それは、法事の読経を電話回線を通じて遠く離れた場所へ中継することでした。

      今は大変便利な時代ですので、法要をインターネットで配信したり、SNSアプリを使えば無料でやり取りも出来ます。

      実際にされているお寺さまもあるようですが、私は未経験でした。

      この度は、携帯電話で。

      ご体調を配慮されご自宅に戻ることの出来ない関東にいらっしゃるお母様へと
      約50分間お電話をお繋ぎになられていらっしゃいました。

      法事を終え、お母様には無事に50回忌を勤めさせて頂いたことをご報告させていただきました。

      お電話をお切りになるときに涙を流して喜ばれていたと、のちに娘様からお聞きいたしました。

      暖かくなってからまたお会いできると、その時を心待ちにしております。  合掌




      今年も梅が咲いています。



      北九州市小倉北区の納骨堂・永代供養付納骨塔・墓地
      長圓寺(長円寺)
      福岡県 北九州市小倉北区鋳物師町4-8
      長圓寺のホームページはこちらから







       
      2016.02.22 Monday

      マラソンコース

      0
        昨日、北九州マラソン2016が行われました。

        前日の夜には打ち上げ花火が上がり、今や北九州市の一大イベントとなりつつあるようです。

        朝、9時のスタートに合わせて、交通規制が始まりました。

        第1回大会には義父の参加もありましたし、今回で3年目ですから、コースと通過時間は大体頭に入っています。

        長圓寺の周りは、午前中は規制に掛かってしまいます。

        今年は、困ったことにお命日参りにお伺いさせて頂くお檀家様のお宅がたまたまコース上に点在しているのでした。

        あらかじめ対策として早めに出発するも、思ったより時間が掛かってしまいました。



        到着したところ、N様は沿道に応援に出かけているとご近所の方が教えてくださり、わざわざ呼びに行って下さいました。

        慌てて戻られたN様にお話を聞くと、ご長男さんが2年連続出場してらっしゃるとの事。

        タイミングが悪くて、大変申し訳なかったです。

        そういえば、I様のお姿もお見掛けしたなぁ〜(笑)


        今大会は、過去3回の中で初めて天候が良かったです。

        来年はどんな大会になるでしょうか?

        義父が、来年はエントリーしようかな〜とつぶやいておりました・・・。
        2015.07.17 Friday

        ブラックベリー

        0
          台風11号が近づくにつれて、四国をはじめ西日本、東日本は大雨となり被害が出ている模様です。

          北九州の小学校は本日の休校が決まり、昨日長男は一日早く終業式を終え、本日から夏休みに入りました。

          報道・ニュースを見ると、この台風接近に伴い
          ブドウや梨などの果実を守るために懸命に保護ネットをかける作業を行う農家の方々が映し出されておりました。

          天候など自然の環境を乗り越え、奇跡的に見事に育ったものを
          私たちは、まさに「有り難く」いただくのです。

          そう、そして・・・



          とても立派な、「ブラックベリー」と言う品種だそうです。

          八幡東区M・K様にいただきました。



          こんなに沢山です(喜)いつもありがとうございます。

          凍らせたベリーとミルクをミキシングするとフローズンスムージーになるそうです。

          しかし我が家は、甘い果実ももちろんですが、酸っぱいフルーツも大好きなのです。

          まずは、そのままいただいております。

          官能的な酸っぱさに私も子供たちもすっかりはまっております。。。

          半分は、冷凍してスムージーにしようと思います。

          自然の恵み、感謝いたします。
          2014.03.16 Sunday

          青天の霹靂

          0
            総代さまが亡くなられた。行年六十七才の若さ。

            寺の住職だけれど、突然すぎて、まだ現実を受け入れられそうもない。


            振り返ると、

            まだまだ未熟な私をいつも支えてくださった。

            住職となって私が始めた長圓寺の新しい試みをいつも褒めてくださった。

            このブログの内容も、いつも楽しそうに話題にしてくださった。

            ご自宅に実る旬の食べ物をその季節毎に収穫し、私にくださった。
            「おいしいと言ってくれるから嬉しい。」と・・・。

            総代なのに、「お気軽に。」と、e-メールでやりとりをしてくださった。

            法然上人八百年大遠忌の団参旅行にも一緒にお参りしてくださった。

            長圓寺の興隆をいつも心底、考えてくださった。

            「言いにくい事は、私が代わりに伝えます。」とクレームの処理までしてくださった。



            最後にお会いしたのは、三月一日。

            命日参りの帰り際に、橙の木に走って行き、目の前でたくさん採ってくださった。



            奥様曰く、みるみるうちに体調が急変したとのこと。


            必ずや疑いなく極楽浄土に往生されること、その事こそが救いであり、支えであるのだが、
            10年、いや20年は早すぎるお迎えだと真剣に思う次第であり、しばらくは呆然としてしまいそうである。

            とはいえ、引導を授け、下炬の作法をいたすのが菩提寺の住職としてのつとめ・・・。

            ご逝去の報をブログに記すのはいかがなものかとは思うけれど、
            きっと話題に取り上げさせていただくことを喜んでいただけるはずと思い、感謝の気持ちをここに刻みます。

            利喜さん、本当にありがとうございました。


             
            2013.08.10 Saturday

            びっくりお茶菓子!

            0

              ただいまお盆棚経参り中でございます。

              この暑さの中、やっとこさでお参りさせていただいております(汗)


              お檀家様のご家庭をお参りさせていただきますと、皆様ご丁寧にお茶をご準備下さります。

              中には、ありがたい事にお茶菓子までご用意くださっています。

              しかしながら、分刻みで次々にお参りさせて頂くため、その場で頂戴する時間はありません。

              大抵は、ありがたく持ち帰らせていただきます。


              本日のあるお檀家様の光景・・・。





              湖月堂の栗饅頭です。北九州市民ならおなじみのお菓子です。

              しかしこれ私、二度見するほど度肝を抜かれたんです。

              なぜなら・・・



              右が本日頂いたもの。左はいつもの栗饅頭です。

              わかりますか?2倍いやそれ以上あるんじゃないでしょうか?

              「面白いんで買ってみました。」(檀家様談)

              わたし、これを見た時、ビビビッと、なぜかドラえもんが頭に浮かんだんです。なぜでしょう?


              一日のお参りを終え寺に戻り、どうしても気になったのでこの栗饅頭を検索・・・。

              湖月堂のホームページやスイーツブログを見てもヒットしません(泣)なぜ?

              じゃあ、「ドラえもん 栗饅頭」を検索!

              ありました!ひみつ道具「バイバイン」・・・。

              思い出しました!幼い頃に漫画で見た場面。
              栗饅頭にバイバインをかけると無限大に増えてたあの絵面です!

              何だかよくわからないけれどノスタルジックな気分で少し涙が出そうになりました(?)

              でも、この大きな栗饅頭の謎はまだわかりません。

              名前は何なのか、値段はいくらなのか・・・。

              2013.06.25 Tuesday

              最後の枇杷

              0

                先日、びわ狩りに行ってきました。

                とは言っても農園ではありません。

                長圓寺檀家のI様からご連絡があり、採りにいらしてくださいとの事。

                早速参りましたーーー。

                到着いたしますと、高枝切バサミをご準備していただいておりました。

                私、使い慣れていないため、切った後つかめるはずなのにぼろぼろ下に落としてしまいます。

                申し訳ないことに、それをすべてI様が拾ってくれます。

                30分足らずの時間でしたが、たくさんの枇杷をいただきました。



                収穫の途中、ひとつを頂きましたが・・・飛び上がるほどの美味しさでビックリしました。

                しかし、残念な事も・・・。

                実は、この枇杷の樹。今年いっぱいで伐ることに決めておられるそうです。

                最後の年と思い、私にお声を掛けてくださったそうです。


                家に持ち帰り、枇杷が特に大好きな家内は大喜び!

                早速、食べたところ大絶賛!しかしこれが最初で最後の収穫と伝えると今度は大落胆!

                でも、味わう事ができたと言う事は幸せでした。

                I様どうもありがとうございました。

                2012.10.04 Thursday

                新米住職、新米をいただく・・・

                0
                  わたくしが、当山長圓寺に住まわせていただくようになって早、10年。

                  以前は私の祖母の叔父が住職を務めていましたが、ご子息共々早くに亡くなられたため、
                  しばらくの間、正式な住職がいない時代が昭和40年ごろから続きました。

                  そのため私が幼少の頃から僧侶となったあかつきには、長圓寺の住職となるようにと
                  早くから望まれていました。

                  しかし現実問題として、いざ住職としてお寺に来させていただいたとき一番苦労したことは、

                  檀家様のお顔、お名前、ご家族、ご先祖の歴史などを把握することでした。

                  なぜなら、昔のことをご存知である方がほとんどいらっしゃらない状況でしたもので。

                  それでも自分なりに聞き込み調査(?)をしてだいぶ把握できてきましたが、それでもまだ知らないことも多々あります。

                  先日、ご先祖が当墓地に古くから眠られている山口県にお住まいの檀信徒様がご法事をされました。

                  実は、お墓でご挨拶する以外は、ほとんど接点がありませんでした。

                  なぜなら、住職がいなかった間に何かとご不便をお掛けしたようで、それ以降ご自宅のすぐ近くのお寺様に全ての法事、お参りをお願いされていたようです。

                  しかし偶然が重なり、長圓寺にご連絡があり「お墓のあるお寺でお願いしてみよう」ということになられたそうです。

                  結果と致しまして・・・大変お喜びになられてお帰りいただけたと思っております。
                  わたくしとしても、いろいろなことをお話させていただき今まで知りえなかったことをたくさんお聞きすることができました。

                  そして、ご自宅になられたたくさんのサツマイモ。
                  それから、自ら収穫された新米をご本尊にお供えいただきました。



                  ありがたく頂戴いたします。今後とも何卒宜しくお願いいたします。 
                  2012.06.20 Wednesday

                  まことのCARE(ケア) 続編

                  0

                    最近、当ブログを見ていますというお声を徐々にいただき、
                    大変嬉しくもあり、恥ずかしくもある今日この頃です。
                    本当は・・・心底嬉しい限りです。

                    先日もたまたまある20代の若者が当ブログを目にし、おっしゃった感想を家内にこっそり聞きました。
                    「これは、ガチンコなブログです。もはやブログの域を超えています。」
                    だそうです。
                    K先生、それってお褒め頂いたと受け取ってよいのでしょうか?・・・。

                    さてさて、前回「まことのCAREとは・・・」という記事(前回の記事はこちらをクリック)で
                    ご登場頂いたK様こと、木原様のお宅にお命日参りにお伺いしました。
                    木原様は、御年九十三歳です。

                    玄関に入るとすぐにこちらを差し出されました。

                    木原さんあやめ

                    以前も、手作りの折り紙をいただきましたが、この度はこちらの作品です。

                     「以前お話した認知症の方にお見舞いがてらに持って行って折り方を教えようと
                      思いましたが、症状が進行してしまい遠くに入院されて行けなくなりましたので、
                      子供さんにお持ち帰り下さい。」

                    病状の事は、まことに残念なことではありますが、本当にその優しいお気持ちには頭が下がります。

                    「私は何も出来ないけれど皆さんが『木原さんのように歳をとることが目標よ』と言って下さるので
                     それを裏切らないように1日1日健康に気をつけていきます。」

                    との事。
                    本当に考えさせられるありがたいお言葉です。
                     
                    私は僧侶としてありがたいお話やお説教は出来ないかもしれません。
                    ただただ仏様と人の世の間に立たせていただき、お念仏や仏の教えをお1人お1人に
                    紹介させていただいている、そんな存在であると自覚しています。

                    そして今までであれば、私の中だけで消化してしまっていたこのような貴重な経験を
                    ご紹介し、少しでも御覧いただいている方と共有できる場ができたご縁に感謝しています。

                    2012.05.16 Wednesday

                    檀家さまの作品のご紹介

                    0

                      昨年、あるご縁を頂いて新しく長圓寺の檀家様となられました松本様の
                      ご紹介をさせていただきます。

                      故、松本正輝さんは北九州在住の画家でございました。
                      昨年の7月に闘病の末にお浄土に往生されました。

                      小倉南区合馬のアトリエにて創作活動をされておられましたが、松本様が亡くなられた後、
                      奥様は作品を置かれるスペースをご自宅に移され展示・販売もされています。

                      私も昨年、故展として開かれた合馬のアトリエに参りました。
                      そこには生前中、最も得意とされた天邪鬼の絵、そして鍬や鋤に描かれた野草や花の絵と
                      片や人間の内面をあらわすかのようなおどろおどろしい絵と、さわやかで牧歌的な絵が
                      飾られていました。


                      現在のご自宅の様子です。
                      画伯2
                      画伯

                      ご自宅は八幡東区です。

                      ご覧になられてみたいと思われる方は、info@chouenji.org まで

                      ご連絡いただければ場所と詳細をお教えさせていただきます。

                      Calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>
                      リンクバナー
                      バナー
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM