<< 平成27年度秋季彼岸法要 | main | ファミリーヒストリー >>
2015.09.27 Sunday

戦国武将の生き様

0
    秋のお彼岸があけました。

    今年は大型連休と重なり、お盆あとの秋彼岸とはいえ、お墓参りの方も多かったように感じました。


    さて、先日の長圓寺彼岸法要で、御講師・松尾上人が、

    徳川家康公の旗印「厭離穢土、欣求浄土」についてのお話をしてくださいました。

    他にも、家康公がたくさんのお念仏を日々お称えしていたことや、
    天下を統一することにより戦を終わらせ、人々が平和に生きられるように願っていたことなどなど。

    法要の手伝いをしていた長男は、おもむろに庫裏に向かい戦国武将大辞典を持ってきて法話を聞いていました。

    まだまだ息子の歴史ブームはつづいております。



    じつは、先月の末日に少しだけ時間が取れたので福岡市博物館に連れて行くことが出来ました。



    大関ヶ原展は10月4日までのようですね。




    こちらは、等身大の甲冑です。

    私調べでは、戦う事を目的としたものではないようです。
    平和な時代に作られたものであると思います。

    しかし造りは往時のまま忠実に再現された物であり、鉄製の兜など、
    これほど重いものを身に付け戦場に出て行ったのかと思うと、その過酷さは想像がつきません。



    先日、四十九日法要の折に檀信徒さまから御寄贈いただきました。

    彼岸法要の前日まで本堂に飾っていましたが、現在は再び櫃の中に納めました。

    三十数年前、施主様の五月人形のためにと、お母様が生前中、骨董店で見つけられたそうです。



    思い出深い大切な品をいただきました。

    五月にはまた飾らせて頂くこともあるでしょう。

    しばらく息子はその度に、兜を頭に乗せたがることでしょう・・・いや重いから。。。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    リンクバナー
    バナー
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM