<< 本堂向拝回廊の手すり工事 | main | 来週は・・・ >>
2016.07.12 Tuesday

法鼓〜小倉祇園太鼓を兼ねて〜

0

    お寺の本堂にある太鼓のことを浄土宗では、法鼓(ほうこ)と呼びます。

     

    主に、導師や式衆など僧侶の入堂の合図として叩くほか、

    木魚や戒尺のように誦経やお念仏の鳴物としても使うこともあります。

     

     

    長圓寺の法鼓です。

    昨年、弟子である義父の助教師叙任記念として御寄贈いただきました。

     

    こちらただの法鼓ではありません。

     

    小倉北区魚町「邦楽の店渡辺」さまのプロデュースにより小倉祇園太鼓仕様となっております。

     

    小倉祇園太鼓は全国的にも珍しい太鼓の両面打ちを行います。

     

    音の低い方を「ドロ」というベースとなる基本打ち。

    高い音の面を打つ方を「カン」といい、動作の多い派手な打ち方をします。

     

    つまり表と裏で違う音の出る革の張り方をした「法鼓」なのです。

     

     

    とはいえあくまでも仏具ですから、普段は勝手な扱いを禁じていますが・・・

     

     

    この時期のわずかな時間であれば・・・黙認。

     

     

     

    さて今週末は小倉祇園祭りが開催されます。

    各町内、練習に準備にと慌ただしくもあり活気にあふれています。

     

    お天気が心配されますが、好天に恵まれますように・・・。

     

     

    今年は、約25年ぶりにmyバチを購入。。。使う場面はあるかしら?

     

     

    合わせてこちらも良ければご覧ください。小倉祇園社と長圓寺

     

     

     

     

     

    墓地・納骨堂・永代供養納骨塔ございます
    浄土宗 福岡教区 小倉組  長圓寺(長円寺)
    福岡県 北九州市 小倉北区鋳物師町4-8
    長圓寺のホームページはこちらから

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    リンクバナー
    バナー
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM